アイフルで借入した際の実際の体験談

私がアイフルでキャッシング(借入)したのは、7年前でした。当時の職業は「水商売」だったので、借入審査が通らないかと心配したいたのですが、働いていたクラブの社長に相談したところ、クラブの親会社の社員と言うことにしてくれると言われたので、借入の際の職業記入欄には「株式会社〇〇勤務」と書き入れ、業種は「事務」にしました。実際に会社の方に在籍確認の電話はなかったようです。しかし、同じく水商売で(別の店)、職業を「接客業」として、お店の名前まで書いた友人は、源氏名まで聞かれ、お店に在籍確認の電話が実際にかかってきたそうです。おそらく、他金融機関での借入状況や、借入額、勤続年数などでトータルに審査するのではないかと感じました。私の場合は、他の金融機関での借入はなく、借入額も10万円と、決して大きな額とは言えない金額だったので、在籍確認はされなかったのではないでしょうか。最近は、水商売に従事している人への貸付はちょっと厳しくなっているようで、水商売をしている人はアリバイ会社などを利用していると言う話も聞きます。在籍確認の電話がかかってきたら、アリバイ会社が応対してくれるそうです。水商売で借入出来ない人には便利なのではないでしょうか。

在籍確認は電話出来ました

はじめに、私は自営業者です。ただし、自宅とは別に事務所を借りています。この状況で体験したことをお伝えします。 また、手続きの方法ですが、アイフルカードローンの手続きは全て、WEBで済ませました。 アイフルのホームページにアクセスをして、診断で仮審査を通ってからは、必要書類の写しを送信して、本審査を受けました。 まず、借りられる状況にあるかないかを調べる仮審査の段階では、在籍確認は何もありませんでした。 回答はほぼ瞬時でしたから、アナログ的手法によるチェックは何もない感じです。 在籍確認が入ったのは、書類を出した後の本審査の段階でした。 身分証の代わりに運転免許証の写しを送り、前年の確定申告の控えを送信して30分ぐらいした頃、事務所に電話が入りました。 女性の声で、「わたしく○○と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」という感じの電話が入りました。 自分で受けたので私ですと答えると、さらに名字だけでなく下の名前を確認して来ました。 本人だと確認が終わるとはじめてそこで、「大変失礼致しました、わたくしアイフルの○○でございます」と挨拶されました。 電話は、カードローン博士に申し込んだ件に対してお礼を言われ、余計な話はなくすぐ切れました。 それからしばらくして、カードローン契約の手続きが完了したメールが来ました。

レイクの在籍確認の具体的な方法やその内容

レイクでカードローン契約をする場合、必ず在籍確認というものが必要になります。そしてこの在籍確認に不安を覚えている方も少なくないでしょう。在籍確認をする事で、会社の方に自分がレイクを使おうとしている事がバレるのではないかと不安になる気持ちもわかります。これからレイクの在籍確認の方法や内容について詳しく解説致します。一読すればその不安は解消できるでしょう。 レイクの在籍確認は基本的に電話で行われます。職場に電話をする時には、レイクやカードローン、消費者金融などそういったワードは一切出しません。担当者個人の名前で電話をかけますので、まずレイクの在籍確認の電話であるという事はわかりません。会社の電話は自分が出てもそうではなくても問題はありません。自分が出ればその時点で在籍は確認できますし、他の人が出ても申込者の名前を出した時に「そのような者はいません」などという事にならない限りは問題ありません。確認自体簡単なものですから、5分とかからないケースがほとんどでしょう。 このようにレイクの在籍確認はその方法も内容も、なんら問題はないものかと思われます。会社にカードローン利用がバレるのではないかという不安は、これで解消されたのではないでしょうか。